「セルフうどんの店 竹清」 自分好みに食べる讃岐うどんの店

「セルフうどんの店 竹清」 自分好みに食べる讃岐うどんの店

初投稿で紹介するお店は香川県の「セルフうどんの店 竹清」。

僕が四国旅行で初めに行ったお店です。

 

栗林公園北口駅から行けば良かったのに...

 

13時半頃、高松駅に到着。お店の閉店時間は14時半まで。

お店が閉まってしまう!と少し焦ってしまい、地図をしっかりと確認しませんでした。

その結果、電車を使えば楽なことに気がつかず無駄に歩いてしまいました。

栗林公園北口駅からは徒歩6分で行けるのでお店に行きたい方はそちらの駅の利用をおすすめします。

うどん県と呼ばれるだけはあって途中に7,8軒もうどん屋がありましたが誘惑に負けずに25分ほど歩き到着。

汗だくになり疲れましたが、お腹が減り美味しいご飯を食べる準備が整ったので結果オーライです。

 

いざ注文

平日で閉店間際のためか、数人のお客さんがいるだけでした。長い列が出来ることもあるようなのでラッキーでした。

お店に入るとまず卵の天ぷら、ちくわの天ぷらの注文を聞かれました。注文を受けてから揚げているようです。

そこでちくわ天を一つ注文。番号の書いた紙をもらい麺の注文へ。

                                                    噂通り香川のうどんは安い。前のお客さんをちらっと見て一玉の量を確認し注文しました。一玉半くらいが一般的な一人前の量だったと思います。次のお店もあるので二玉にしておきました。もっと食べたかった…..。次に、レジの横に目をやるといなり寿司が!うどんは我慢したのについ注文してしまいました。いなり寿司は70円でした。                                

注文するとすぐに冷たい麺が出てきました。

ぶっかけ、ざるうどん用とかけうどん用(冷)のつゆがレジの横に置いてあり自分の好きな食べ方が選択出来るようになっていました。

今回はざるうどんにしました。

 

 

いただきます!

初めての讃岐うどんは予想とは少し違った味でした。

思っていたよりかなり柔らかい麺。

ただし、ゆですぎたような食感ではなく、もちっとしていて美味しい。

麺はきんきんに冷やされているわけではありませんでした。

つゆはだしの味が強く、醤油っぽさは弱かったです。

 

このお店にはレジ横のつゆ以外にもかけだし(温)もありました。また、温め湯もありました。この温め湯で麺を温めた後に温かいつゆをかけることも出来ますし、麺を温めずに温かいつゆかけることも出来ます。気になったので半分ほど麺を食べたところでかけうどん(温)にしました。かけうどんは薄味でだしが引き立っていて美味しかったです。これはあくまで僕の意見ですが温かいかけうどんの方が麺に合っていたように感じました

 

フリートッピングも充実していて、わかめ、ねぎ、揚げ玉、しょうがの4つでした。うどん屋でわかめのフリートッピングは見たことがありませんでした。ちなみに今回はネギと揚げ玉をトッピングしました。

 

一味と七味が両方置いてありました。一味と七味の違い、こだわる人はこだわるのではないでしょうか。余談ですが僕は辛いものは苦手です。

 

 

天ぷらの味は?

うどんメインのつもりで行ったので天ぷらにはそこまで期待していませんでした。しかし、食べてみてびっくり。衣がぱりっとしていてめちゃくちゃうまい。個人的にはうどんより天ぷらの方が気に入りました。
いなり寿司は薄味で小さめのサイズでした。

 

まとめ

値段が安く、もちっとした麺とぱりっとした天ぷらが美味しいお店です。

観光客や子供もいるためゆっくりうどんを楽しみたい人には向いていないかもしれません。

一人一人が自分の好きなようにトッピングし、自分の好みのうどんを作ることの出来ます。

通って自分のベストの組み合わせを見つけたくなりました。

皆さんも是非お気に入りの一杯を見つけてください。

 

 

「セルフうどんの店 竹清」

食べログページ→https://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000051/

公式ホームページ→https://chikuseiudon.com/

住所 〒760-0006 香川県高松市亀岡町2−23

営業時間 10:45~14:30

定休日 月曜日

アクセス 栗林公園北口駅から徒歩6分