「うどん本陣 山田屋 讃岐本店」 和の風情あふれる空間で堪能するこだわりの讃岐うどん

「うどん本陣 山田屋 讃岐本店」 和の風情あふれる空間で堪能するこだわりの讃岐うどん

山の麓、広い敷地に建てられた屋敷が今回のお店「うどん本陣 山田屋 讃岐本店」。

なんとこのお店の屋敷は登録有形文化財でもあります。(ちなみに登録有形文化財には東京タワーなどがあります。)

うどん屋といえばそこまで綺麗なイメージは沸かない人が多いと思いますがこのお店は違います。

とてもうどん屋とは思えない綺麗な屋敷でゆったりとうどんを食べることが出来ます。

しかし、値段は高すぎることはないのでちょっと贅沢な空間でうどん食べたい人におすすめのお店です。

 

山の麓にある綺麗な屋敷

香川県の五剣山の麓にある「うどん本陣 山田屋」。

古高山南駅から30分ほど傾斜のある坂道を歩いてようやく看板が見えてきました。

今回のお店も車がないと少しきついお店でした。

 

大きな敷地にうどん屋とは思えない屋敷。駐車場も広かったです。

入り口から日本らしさが満載でのれんや提灯などが綺麗でした。

食品サンプルも置いてありました。

門をくぐると立派な中庭が広がっていて、別世界にきたような雰囲気が楽しめました。

外の席もありました。

殿様も使用したと言われる奥座敷、大人数用のテーブル席、掘り炬燵、座敷など様々な席や建物があるようです。

そのため入り口がどこか少しわかりずらかったです。

 

ケーキから懐石料理まで幅広いメニュー

店内も外と同様にとても清潔で落ちついた雰囲気でした。

店員さんはインカムを付けて連絡を取り合っていました。

開店時間に行ったため空いていましたが少しすると人が増えてきました。

こんなアクセスの悪いところでも人気になれば人は来るんですね。

 

うどん屋といえば亭主さんの手作り感あふれるメニューが多いのですがこのお店のメニューは写真のようにしっかりとしていました。

うどんだけでもざるうどん、釜揚げうどん、たらいうどん、釜ぶっかけうどんなど種類が豊富でした。

釜ぶっかけうどんは登録商標されていました。(今回は食べませんでしたが)

ちなみにたらいうどんというのは徳島県の特産品で簡単に言えば釜揚げうどんの大きいやつです。

大きい釜揚げうどんを家族で一緒に食べることができます。

トッピングも豊富な上に1つ1つ一手間加えてあるようでした。

うどんの他にも天麩羅、お寿司、鍋、懐石料理までありました。

 

さらにおしゃれなカフェメニューもありました。

うどんを食べ終わったあとに特製コーヒーを飲めるお店はそうそうないですね。

 

豊富な品揃えはもちろんですが、載っている写真も適当に撮った訳ではなく厳選しているようですしメニュー1つとってもうどん屋とは思えません。

 

僕が今回頼んだうどんは期間限定の冷やしうどんです。

ついでにいなり寿司も頼みました。

 

いただきます!

氷水の中に入っているう冷やしうどん。

夏限定のうどんです。

肝心の味は、粉っぽくない上品な味。

柔らかいのに歯ごたえがあるうどんの本場ならではの噛み応え。

麺がしっかり冷えているので夏の昼につるっと食べると体も冷えて最高です。

ネギの香りも強く美味しい。

値段は550円とお得です。プラス210円で大盛りにできます。

 

紅しょうが付きのいなり寿司。

中身はちらし寿司でした。

薄い味付けで紅しょうがといっしょに食べると美味しかったです。

上品な味でうどんほどではなかったですが満足出来ました。

 

まとめ

いつもと違う雰囲気で上品なうどんを食べることの出来るお店。

なにもかもが通常のうどん屋を上回っていました。

店員さんは丁寧で礼儀正しかったです。

種類豊富なお土産もあり、発送も可能です。

落ちついた雰囲気なのでお客さんも静かにうどんを味わっていました。

麺をすする音が良く聞こえるという良いうどん屋でした。

家族で訪れることはもちろんおすすめですが、一人で来ている人もちらほらいたので讃岐うどんを一人でじっくり楽しみたい人にもおすすめです。

 

このお店、東京スカイツリーで有名なソラマチにも出店しているので香川の山まで来られない方は東京で讃岐うどんを楽しんでください。

 

「うどん本陣 山田屋 讃岐本店」   公式ホームページ

住所 〒761-0121 香川県高松市牟礼町牟礼3186

電話 087-845-6522

定休日 年中無休

営業時間 10:00~20:00

おまけ

このお店から歩いてすぐのところに山頂のお寺に続くロープウェイがあるので是非いってみてください。

素晴らしい景色が楽しめますよ。