「びんび家」徳島の新鮮な海鮮を食べられる人気店 鳴門わかめが食べられる!

「びんび家」徳島の新鮮な海鮮を食べられる人気店 鳴門わかめが食べられる!

海を見ながら徳島の海鮮料理を堪能出来るお店「びんび家」。

「びんび」とは徳島の言葉で「ぴんぴん跳ねる新鮮な魚」という意味です。

50年以上の歴史があるお店で、その名の通り新鮮な魚を食べることが出来ます。

徳島の海沿いにあるこのお店、料理だけでなく景色も良かったです。

「活魚料理 びんび家」

徳島の国道沿いにある今回のお店。

車がないので行けそうになかったのですがありがたいことにゲストハウスのオーナーさんに車を出してもらえました。

お店へ向かう途中、海の景色を楽しめます。

 

お店の外観はいかにも魚市場の近くという感じでした。

店外の床で濡れているところがあったのでお店を訪れた際は気を付けてください。

僕は靴に穴が開いていて靴下が少し濡れてしまいました。

写真の岩の右側には生け簀があり、新鮮な魚がいました。

入り口前のスペースにはちょっとした海鮮のお土産?も置いてありました。

お饅頭やクッキーも悪くはないですが、たまにはこういうところでお土産を買ってみるのも良いですね。

店内の様子とメニュー

冷たいお茶の入ったやかんが置いてあったり、メニューに年期が入っていたりと古い食堂のような雰囲気でした。

しかし、汚くはなかったです。

10時前に行ったのですが結構お客さんも入っていて繁盛していました。

メニューはもちろん海鮮。

釜飯、カレー、刺身定食、一品ものなどたくさんありましたが、どれも美味しそうで片っ端から全部食べてみたい料理ばかりでした。

時価の料理もあり、伊勢エビの刺身の値段を聞くと4000円でした。

お金が無いので頼みませんでしたが、いつか絶対食べてやろうと思います。

今回は徳島の有名な鯛飯と鳴門わかめの酢の物を頼みました。

(釜飯を食べると決めていたので頼まなかったのですが、いまメニューを見ると海鮮カレーがとても気になります。)

店員さんの態度が悪いというレビューをネットで見たのですが、そこまで悪くはなかったかなと思います。

道路に面した大きな窓からは海が一望出来ます。

窓側の席は座敷になっていたので窓側に座れば料理と景色をゆっくり楽しめるのではないでしょうか。

 

いただきます!

注文するとすぐにあつあつの鯛の釜飯が出てきました。

たっぷりの鯛の上にグリンピース、レモン、わさびが乗っていました。

ダシが程よくきいた薄味で鯛のうまみが引き立つ上品な味でした。

グリンピースは必要ない気がしましたがレモンとわさびは良く合っていました。

少し冷めてくると落ち着いた味になり、より鯛の香りが楽しめます。

釜飯には鳴門わかめの味噌汁が付いてきました。

魚をアラで出汁をとった白だしの味噌汁でした。

味噌汁のわかめは茹だっていることがが多いですがこのわかめはしっかりと歯ごたえがあり、臭みはありませんでした。

そして酢の物。

酢の物ですがあまり酸っぱくは無く、食べやすい酸っぱさでした。

が、気をつけてほしいことがあります。

それは量です。

次の写真の方がわかりやすいと思いますが量が多い。

200円でこの量はとてもお得です。

ですが一人で食べるときは気をつけましょう。

味は良いのでみんなで仲良く食べることをおすすめします。

まとめ

綺麗な海を見ながら鳴門の海の幸を堪能できる人気店「びんび家」。

メニューも豊富で魅力的な料理が数多くあります。

どれも新鮮な海鮮料理なのでハズレを引くことはないと思いますが量には気をつけた方がいいです。

鳴門わかめは有名なだけあり美味しいので是非食べてみてください。

「活魚料理 びんび家」

公式ホームページhttp://www.binbi-ya.com/index.html

住所 〒771-0372 徳島県鳴門市北灘町粟田ハシカ谷20−2

電話 088-682-0023

定休日 無休

営業時間 9:00~21:00