四国一人旅③ 「五剣山 八栗寺」 ~ケーブルカーで行く山頂の寺と「うどん本陣 山田屋」~  

四国一人旅③ 「五剣山 八栗寺」 ~ケーブルカーで行く山頂の寺と「うどん本陣 山田屋」~  

 

前回(四国一人旅② おしゃれゲストハウス「ちょっとこま」)から引き続き書いていきます。

今回は、四国旅二日目です。

気になるところだけ読みたい方は目次から飛ばして読んでください。

 

 

6軒目 「おけいちゃん」 (8:00)

この日は、市場の食堂「おけいちゃん」に行くために7時に起きました。

「おけいちゃん」は6時から営業しています。

僕は8時に行きました。

ちなみに、ゲストハウス「ちょっとこま」からは歩いて7、8分ほどです。

 

詳しくはこちらの記事で→「おけいちゃん」コスパ最強!漁師さんが通うお店(香川県高松市)

 

 

 

 

ワンマン電車で移動(JR高徳線)

この日の夜は徳島県に宿を予約したので、朝ご飯を食べたら移動です。

「おけいちゃん」から一番近い駅「昭和町駅」から電車に乗りました。

 

 

JR高徳線は香川県高松市から徳島県徳島市まで続いている路線です。

高松から徳島だから高徳線って名前そのまんまですね。

 

 

高徳線が全部そうなのかわかりませんが僕が乗ったのはワンマン電車でした。

昭和町駅は無人駅だったので自動切符販売機で切符を購入し、そのままホームで待機。

電車の扉は「乗車用」と「降車用」で分かれていました

乗るときは気をつけてくださいね。

切符は降りる時に運転手さんに見せるようでした。

 

 

自然の多い田舎の一本道を行く電車。

時間はかかりますが、急ぐ旅でもないので移動時間もゆったりと満喫しました。

次のお店がある「古高松南駅」で降りました。

 

 

 

7軒目 「うどん本陣 山田屋」 (10:00)

古高松南駅からお店まで30分ほど歩きました。

熱い中、坂道を歩き汗だくになりました。

 

詳しくはこちらの記事で→「うどん本陣 山田屋 讃岐本店」 和の風情あふれる空間で堪能するこだわりの讃岐うどん

 

 

 

八栗寺(ケーブルカー)

「うどん本陣 山田屋」でご飯を食べた後、近くにケーブルカーがあったので行ってみることにしました。

お店から歩いて5分ほどでケーブルカー乗り場が見えてきました。

写真の右にある道をそのまま登っても頂上までいけるようでした

歩いて行っても良かったのですがどうせならケーブルカーに乗ってみたいので今回はケーブルカーで。

 

 

乗り場はお土産屋さんにもなっていて、色々なお土産を売っていました。

店内では曲が流れていましたが、なぜか大滝詠一やKinKi Kidsなど古めの曲ばかり。

 

 

ケーブルカーのチケットは店内でも販売しています。

料金は大人・往復で930円

少し高めかなと感じました。

 

ケーブルカーは15分に一本出ています。

時間が来たら呼ばれるので店内で待ちましょう。

わかりにくいですが結構な傾斜です。

頂上までは約4分で到着します。

 

移動中はちょっと怖い音楽が流れていました。

民謡らしいですが、スピーカーが古いこともあり不気味でした。

 

頂上の乗り場も同じようにお土産屋さんになっています。

人はあまりいなく、お客さんは1組か2組ほどでした。

 

八栗寺(頂上)

山の上のせいなのか、とても神聖な感じがしました。

思っていたより広く、いろいろと見るところがありました。

景色も良く、人も少ないのでうどんを食べた後はここでのんびりと過ごすといいですよ。

まったりとデートで来るのもいいかも知れません。

 

寺や神社について特に詳しいわけではないので写真だけ載せておきます。

 

八栗口駅

八栗寺から近い駅は琴電の「六万寺駅」などがあります。

しかし、徳島に行くためにJRに乗りたかったので「古高松南駅」の次の駅「八栗口駅」まで歩きました。

また、30分ほど炎天下を歩きました。

 

汗だくになったので、駅に着いたら近くのコンビニかカフェでゆっくりしようと思っていました。

 

しかし、駅に着くと

何も無い。

自動販売機すら探すのが大変でした。

ここを通学に使っているらしい高校生、中学生がいました。

毎日ご苦労様です。

(写真は踏切を歩きながら撮りました。)

 

何が言いたいかというと、

車がないと四国の移動は大変。

 

 

 

 

次の記事はついに徳島県突入です。