四国一人旅⑥ 高松駅の立ち食いうどん屋「連絡船 うどん」

  • 2019.01.29
四国一人旅⑥ 高松駅の立ち食いうどん屋「連絡船 うどん」

今回は四国の旅、最後の記事です。

(前回の記事はこちら→四国一人旅⑤「鳴門ゲストハウス はじまり」(徳島県 鳴門市) 出来たばかりおすすめゲストハウス!

 

鳴門駅 足湯でまったり

前回紹介した「いのたに」から歩いて駅へ。

次の電車が来るまで駅の前にあった足湯で休憩しました。

足湯は新しいようでとても綺麗。

100円でタオルが買えたり、足洗い場があったり、充実した施設でした。

歩き疲れた足に丁度いい休憩になりました。

 

この日は鳴門駅から青春18切符を使いました。

 

池谷駅 1時間の休息

池谷駅で乗り換えたのですが、またもや何もない駅でした。

地方では普通の景色かもしれませんが、僕にとっては新鮮でした。

この路線の電車はディーゼルで電線がありません。

なのであるのは線路と田んぼだけです。

 

他の乗客は特急に乗り換えていましたが、青春18切符では特急に乗れないのでこの駅で1時間ほど一人で待ちました。

虫と鳥はいましたが、人はいない。

青春18切符でなければ味わえなかった1時間。

ゆったりとしていて最高でした。

 

 

13軒目 「一鶴 屋島店」 15:00

高松駅に向かう途中、最後にどうしても行きたかったお店に寄り道しました。

四国にも何店舗かありますが今回はルート的に立ち寄れそうな「屋島店」に行ってきました。

予想以上に美味しく、おやどりとひなどりの味の違いを楽しめました。

詳しくはこちらの記事→「一鶴」 香川県名物 骨付鳥 おやどりとひなどりの食べ比べが出来る 子供でも一人でも行ける!

 

 

14軒目 「連絡船 うどん」 16:30

帰りも行きと同様に高松駅からマリンライナーに乗って帰りました。

 

でも、帰る前にもう1軒。

高松駅に着いた時から気になっていた駅のホーム内にあるうどん屋「連絡線 うどん」。

このお店は入り口が二つあり、写真のようにお店が二つに分かれています。

そのため、改札の中でも外でもうどんを食べることが可能です。

 

メニューは肉うどん、天ぷらうどんなど意外と多いです。

値段は香川県にしては少し高いかなといった感じ。

 

僕は期間限定の「すだちぶっかけうどん」を注文しました。

これがめちゃめちゃ美味しい

他のうどん屋の麺はそれぞれのお店のくせが出ていたのですが、

このお店のうどんはくせが少なくツルッとしていて食べやすい。

すだちも新鮮で香りが強く美味しかったです。

 

地元の人に人気があるのかはわかりませんが、僕にはこのお店のうどんが一番美味しく感じられました。

勝手に僕が想像していた讃岐うどんの味でした。

 

「せっかく香川に着たから駅で食べるのは嫌だな」という人も、一度食べてみてください。

もちろん人それぞれ好みはありますが、絶対に不味くはないです。

試してみる価値はあると思います。

 

 

 

旅の感想

楽しい、美味しい旅でした。

そして、疲れました。

歩きすぎて靴底が破けました。

四国は車があったほうが効率よく回れるので、電車の旅が楽しめない人は特に車がいいと思います。

今回の旅で一番のおすすめ店は「おけいちゃん」です!

是非、行ってみてください。

 

いつもと違う景色。

一人の時間。

とても良い旅になりました。

 

四国一人旅 完